結論から言うと XMで約定拒否されることは100%ありません

しかし 取引量に応じて貰えるXMポイントは大きな額になります

XMが採用するのはMT4とMT5です。MT5はMT4の改良版で、cTraderと同程度の最新型です。MT4の後続版とだけあってハイスペックですが、cTraderに比べると少々劣ります。

XMのFX通貨ペアは57種類と、こちらも豊富。基本的な銘柄であれば一通り揃っているので、取引に困ることはないでしょう。さらにCFD銘柄も46種類とかなり豊富です。メジャーどころに追加してマイナーなCFDペアも揃っているので、幅広いペアで取引したい人にはとってもお得な仕組みでしょう。

XMの口座開設ボーナス・入金ボーナスとボーナスの出金 XMボーナスキャンペーン 入金&取引で特典付き XM100%入金ボーナスのリセット・復活の条件 XMのキャッシュバックボーナスとキャッシュバックサイトの違い XMゼロ口座の特徴 ボーナスとスプレッド・手数料 XMの追加口座 作り方とボーナス口座 XMボーナスが受け取れない原因・解決方法 XMボーナスの移動はゼロ口座にできないのか?

「XM(海外FX)は税金が高くて、国内FXは税金が安い」と多くのトレーダーがこのようなイメージを持っていますが、必ずしもXMの方が税金が高く、国内FXの方が税金が安いという訳ではありません。これは本当なのでしょうか?詳しく調べてみましたのでXMでの税金額と国内FXでの税金額を比較したい方はぜひご覧ください。

XMのスプレッドを他の海外FX会社と比較検証 XMのスプレッドは広い。しかし、取引量に応じて貰えるXMポイントは大きな額になります。純粋にスプレッドの費用だけでは計ることのできないXMのスプレッドを海外FX他社と比較して検証してみました。スプレッドの計算方法やコストの考え方も含めてXMのスプレッドを今一度、考察しましょう。

XMの税金は本当に高いのか?実際に調べてみた 「XM(海外FX)は税金が高くて、国内FXは税金が安い」と多くのトレーダーがこのようなイメージを持っていますが、必ずしもXMの方が税金が高く、国内FXの方が税金が安いという訳ではありません。これは本当なのでしょうか?詳しく調べてみましたのでXMでの税金額と国内FXでの税金額を比較したい方はぜひご覧ください。

純粋にFXの取引性能を求めるのであれば、AXIORY一択です。 スイングトレードであればXMもギリ許容範囲ですが、、、裁量取引ならばAXIORYを選ばない理由はないでしょう。

海外FX業者の中には、金融ライセンス未取得・資金管理先も不透明・運営歴も浅い業者がごまんといます。AXIORYもXMもそういった悪徳業者とは縁遠い存在であり、自己資金を預けても問題ないと判断しました。

今回は、「XMって約定拒否されるの?約定拒否されるんだったら正直使いたくないなぁ」「XMって約定拒否されるという噂を聞くから真相を知りたい」という方に向けての記事となります。結論から言うと、XMで約定拒否されることは100%ありません。そう言い切れる理由を今回の記事で解説していますので、是非ご覧ください。

XMの取引性能は平凡で、スプレッドも広め。ただし運営歴10年の安心と利用者が多いことから入出金の心配は一切不要でしょう。口座開設だけで3,000円ボーナスが付与されるので超初心者には嬉しいFX会社です。

結論、取引性能を求めるならAXIORY、限りない安心感を求めるならXMでしょう。 狭いスプレッド・高い約定力・最新のcTraderを使いたいのであればAXIORYがおすすめです。XMは確かに大企業なので宣伝が多く露出は多いですが、肝心の性能を比べるとAXIORYにはかないません。

XMの取引環境はAXIORYほどではありません。スプレッドは広く、手数料も往復10pips取られますし、約定スピードも遅め、さらには公式サイトに情報の公開はありません。ただしレバレッジが888倍まで提供しているのでAXIORYの400倍と比較するとやや大きいポジションを持てるでしょう。

取引銘柄の種類で言うとXMの方が優勢です。 もちろん通常のFXペアであれば、どちらを利用しても変わらないのでスプレッドが狭いAXIORYをおすすめいたします。

現役トレーダーFXGTはサービスを提供して間もないFX会社ですが、XM同様口座開設するだけで3000円貰える ので、まだ登録していない人は登録をおすすめします。さらに仮想通貨とのハイブリッド取引所なので、仮想通貨のボラティリティを活かした取引を行うことができます。

今回レビューをするXM(エックスエム 別名:XMTrading)は、今や数ある海外FXブローカーを差し置いて、日本人トレーダーで一番の人気ぶりを誇る。

タイトルとURLをコピーしました