この記事ではXMの出金について解説をしています

XM歴は7年目

2018年10月にXMの仮想通貨が再開しました!しかし多くのサイトでは古い、間違った情報を流したままです。当サイトでは英語版のXM公式サイト…

この記事ではXMの出金について解説をしています。 ・XMの出金ルール ・出金時のボーナスやXMPの扱い ・XMの出金拒否になるケース ・XMで利用できる出金方法 ・最低出金額、最高出金額、出金手数料 ・出金反映までにかかる時間(…

XMの口座凍結、休眠口座を完全解説!休眠口座を回避する裏技とは? この記事ではXMの休眠口座と口座凍結について詳しく書いていきます。 ・休眠口座になる条件とデメリット ・休眠口座の解除(復活)方法 ・休眠口座を回避する裏技 ・休眠口座と口座凍結の違い ・口座凍結の解除方法 ・口座凍結になった時…

XMの最低入金額は、スタンダード口座とマイクロ口座が5ドル〜、Zero口座が100ドル〜となっています。

XMでFXを主としてトレーディングを行う結成3年目の投資チームです。
専業トレーダー”Taxim”をリーダーとして、熱意ある有志が結成されました。
またLINEでのトレード指導も行なっております。

Taxim with Team SiriusXMでFXを主としてトレーディングを行う結成3年目の投資チームです。
専業トレーダー”Taxim”をリーダーとして、熱意ある有志が結成されました。
またLINEでのトレード指導も行なっております。プロフィールを詳しく!

Taximこのページでは、「XM」について7年間使ってきた僕が紹介するよ!

海外FXの達人 プロフィール追証200万円の経験をきっかけに海外FXのみに転換。海外FX歴は13年目に突入。
モンスト好きの2男1女の父
管理人プロフィールカテゴリー海外FXのボーナスおすすめ海外FX業者と比較TitanFXAXIORYBigBossGEMFOREXiFOREXExnessXMHotForexFXGTis6FXLANDFXその他の海外FX業者海外FXの知識メタトレーダー海外FXのキャッシュバック海外FXの豆知識最近の投稿海外FXの入金不要ボーナス(口座開設ボーナス)一覧、出金条件、もらい方海外FXボーナスの最新情報&徹底比較【2021年9月8日更新】BigBoss(ビッグボス)の取引時間と時間帯による注意点、特徴AXIORYの口座種類を徹底解説!ナノスプレッド口座、スタンダード口座、テラ口座の違いを解説BigBossのCFD取引まとめ【取引時間、レバレッジ、スプレッド】海外FXで使えるSTICPAYの評判は?入出金手数料や特徴を徹底解説!BigBossのデモ口座開設方法、期限やリセットなどの特徴を解説BigBossの最大ロットは?ロット制限や最大ポジションを解説BigBossは追証がある?追証が請求されるケースを詳しく解説!TitanFXの口座タイプ、ブレード口座とスタンダード口座の違いとは? 海外FXの最新情報が分かる!

XMの出金に関する知識まとめ!出金ルール、手数料、出金方法を解説 この記事ではXMの出金について解説をしています。 ・XMの出金ルール ・出金時のボーナスやXMPの扱い ・XMの出金拒否になるケース ・XMで利用できる出金方法 ・最低出金額、最高出金額、出金手数料 ・出金反映までにかかる時間(…

この記事ではXMの休眠口座と口座凍結について詳しく書いていきます。 ・休眠口座になる条件とデメリット ・休眠口座の解除(復活)方法 ・休眠口座を回避する裏技 ・休眠口座と口座凍結の違い ・口座凍結の解除方法 ・口座凍結になった時…

XMでのお悩み、LINEで聞いて見ませんか?

XMは2009年からサービスを開始している海外FX会社です。

XMの場合、証拠金維持率が20%を下回ると強制ロスカットが行われるため、888倍のハイレバレッジでトレードをしても入金額以上の損失になることはありません。

大学在学中からFXを始め、相場で10年近く戦ってきた専業トレーダー。3年前に会社を退職し、トレードチーム “Sirius” を結成して仲間と相場に挑む。XM歴は7年目。

なんといってもXM最大の魅力は最大888倍のハイレバレッジです。
日本国内FX業者での最大レバレッジ25倍に対して、XMのマイクロ口座・スタンダード口座は最大888倍のレバレッジをかけることが出来ます。(XMZero口座は最大500倍)
この888倍のハイレバレッジは業界でも最高クラスで、少ない証拠金でトレードが可能なため、資金効率が良いというメリットがあります。
また「いくら信頼出来る業者とはいっても海外に大金を預けるのは不安」という方でも、必要以上の資金を口座に預けなくて良いため安心してトレードすることが出来ます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました